SSブログ

還暦デビュー最終章 [還暦デビュー雑感]

還暦_3_3:眺望.jpg

六十歳の還暦を経て九年が過ぎた。もうそろそろ「還暦デビュー」もお仕舞いかな…と思う。
還暦を迎えた頃は様々なことをやりつくして一段落ついた感じもあり、ここらで人生を総括して振り返ってみようと思っていたが、あっという間に時が過ぎた感がある。
六十歳になったばかりの頃はまだ頭も聡明で、これまでの人生から発見したことや気づいたことなどあったが…最近では集中力の持続が衰えて、深い洞察とか思索がスッキリまとまらない事がある。弱ったものだ、これが老化というものだろう。弱ったものだとは言ったが、これは当たり前で自然なことなのだ。いたずらに否定的に考えることはない。自身の老化を素直に受け入れてそれに対応してゆくこと。これは昔から祖先たちがやって来たことなのだが、なぜか今の社会は否定的に捉えているようだ。

「素に戻る」これが現在の感覚だ。
一期一会。一度きりの人生。そう考えた時に辿り着いた応えが「素」に戻ることだった。私はいつの間にか “素裸”の気持ちで “素直”に生きる事を忘れてしまっていたようだ。

素の切れ端.jpg

この世を過信せず否定もせず、人間を過度に愛さず離れもせず、作りこまれた自分自身を脱ぎ去って恐れずに生きるということを知る。
残りの命の使い方に気づかされる日々の連続である。

<還暦デビューブログはこの章をもって一旦終了といたします>

眺望.jpg

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 2

lamer

素晴らしいです。
私も巣に戻ろうと思います。
出来ていた事が出来なくなっています。
仕方がない事ですが時代についていける範囲で付き合いたいと
思っていますが難儀です。
来年の3月に練ったら88歳ですが・・・。
さ〜〜〜。
by lamer (2022-08-19 14:43) 

扶侶夢

>lamer さん、ご来訪&コメント有難うございます。
お歳を聞いてビックリしました。素晴らしい「テルミ」の本を現役でつくっておられたと思うと感服です。確かに出来ていた事がなかなか出来なくなっていますが、その中でも何か創作的なことを私もやっていきたいと思っています。
by 扶侶夢 (2022-08-25 11:38) 

問わず語り 老いたる者は語らず|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。